カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

「先生」に話を聞く

遺産相続について、考えてみようと思う。
いつか、私にも遺産と呼べるようなものが出来て(というか、大なり小なり誰もが遺産を残すのだが)、それを受け継がせるべき人が出来て……と考えてゆくと、何かしらもう決めておかなければならないことがあるような気がして。
そう、たとえば「遺言書を書く」というのはどうだろう?と私は考える。
何でも、遺言書というのは遺産相続に関しては法律よりも上の存在として扱われるようなのだ。これだけでも、人にとってはちょっとした耳寄りな話だと思う。
たとえば、あんまり例は良くないかもしれないが、「この人には相続してほしくない!」という人がいるとき。あるいは、家族ではない誰か別の人にも相続権を渡したい、というとき。
そんなとき、遺言書というのは実にウマい働きをしてくれるらしいのだ。

しかし、ちょっとした手紙を書くのとは違って、これを書くのにはいろいろ知っとくべきことが多い。たとえば、法律のことにしてもそうだ。
あるいは、「社会的な書類」である遺言書が、きちんとそういうふうに扱われるような書き方が必要になる。

というわけで、行政書士の先生にお越し願い、いろいろと話を聞くことにした。そして、行政書士の先生に聞いた話をここに披露しよう……というのが、今回の趣向なのだ。
「わたしも遺言書のことを考えてるんだけど、そういう親切な行政書士の先生には、どこで会えるの」って?
親切な行政書士の先生には、あらゆる街で会うことが出来るよ。ああいう先生というのは、親切だと決まっているのだから。

オススメリンク

相続に関することはこちらに相談を|相続手続きの相談事務所リサーチ隊【静岡版】
相続相談を千葉でお願いするなら【柏・相続相談サポート】
東京で行政書士事務所を探しているなら|チームトーリク
相続税のシミュレーションを行なうならスマート相続診断まで検索するのが一番ですよ!!
遺言書作成の疑問は千葉にある事務所にお任せ「行政書士法人畠山事務所」