弁護士

相続問題が発生したら先生に相談しよう~トラブル対応エキスパート~

「先生」とは誰か

握手

遺言書は自分が死期に訪れた時には考えるものだ。遺言書の内容は、法定相続人がいる場合でも、その人よりも強い効力をもっている。その為法定相続人が必ずしも遺産を受け継ぐとは言い切れないのだ。

読んでみよう

書くことが出来るひと

スーツ

ある意味では遺産相続をコントロールすることが出来る。そんな機能を持っている「遺言書」であるが、それを書くことが出来るひとには限りがある。行政書士の元か、公証人と呼ばれるプロに書いてもらう必要がある。

読んでみよう

遺留分の請求

スーツ

将来子供を残して旅立つことになった時に、遺産を子供に譲らないというケースもある。実際に起こっているのだ。しかし、遺言書の効力が強くとも、法定相続人が最低限遺産を受け継ぐということは保証されている。

読んでみよう

「先生」に話を聞く

弁護士

遺産相続について、考えてみようと思う。いつか、私にも遺産と呼べるようなものが出来て(というか、大なり小なり誰もが遺産を残すのだが)、それを受け継がせるべき人が出来て、と考えてゆくと、何かしらもう決めておかなければならないことがあるような気がして。そう、たとえば「遺言書を書く」というのはどうだろう。と私は考える。何でも、遺言書というのは遺産相続に関しては法律よりも上の存在として扱われるようなのだ。これだけでも、人にとってはちょっとした耳寄りな話だと思う。たとえば、あんまり例は良くないかもしれないが、「この人には相続してほしくない!」という人がいるとき。あるいは、家族ではない誰か別の人にも相続権を渡したい、というとき。そんなとき、遺言書というのは実にウマい働きをしてくれるらしいのだ。しかし、ちょっとした手紙を書くのとは違って、これを書くのにはいろいろ知っとくべきことが多い。たとえば、法律のことにしてもそうだ。あるいは、「社会的な書類」である遺言書が、きちんとそういうふうに扱われるような書き方が必要になる。というわけで、行政書士の先生にお越し願い、いろいろと話を聞くことにした。そして、行政書士の先生に聞いた話をここに披露しようというのが、今回の趣向なのだ。「わたしも遺言書のことを考えてるんだけど、そういう親切な行政書士の先生には、どこで会えるの」って。親切な行政書士の先生には、あらゆる街で会うことが出来るよ。ああいう先生というのは、親切だと決まっているのだから。

Copyright© 2016 相続問題が発生したら先生に相談しよう~トラブル対応エキスパート~ All Rights Reserved.